読むの違い

日本て、なんてよみかたが正しいのか、・・・ローマ字表記にするときにかなり、悩みますよね・・・。

ニホンなのか?ニッポンなのか?

・・・。

その答えが、声優の故・永井一郎氏の著書、朗読のススメ、という本に書いてありました。

日本の後ろに名詞があれば、ニホン、と読むそうです。
例えば、日本銀行=ニホンギンコウ、日本国憲法=ニホンコクケンポウと読むそうです。

後ろに単語がなければ、ニッポン、と読むそうです。
日本の未来=ニッポンノミライと読むそうです。

なんと!永井さんは、文部科学省にも問い合わせをされたそうです、勇気ありますね。

文部科学省の答えはどうだったかと言いますと・・・。

どっちでもいい!だったそうです( ̄□ ̄;)!!

国としてはあまり、重要事項ではないのでしょうか?重要だと思いますけどね。

例えば、会社の名前でも、シフトNをシフトエヌと書くべきか、シフトnと小文字で書くべきか、それともShift-n,Shift-N、と表示させるかで、印象も違うのですが、わたしだったらとても、悩むところです。

わたくし、アメブロ↓も書いています。

仕事中には閲覧制限があるかもしれませんが、
もしよろしければ応援してください。

働き力を高めるラーニング

今日は、こんなこと言われちゃったときの考え方を投稿しましたので、もしよろしければお読みくださいませ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。