業界用語の連発は怪しげ

いきなりのあだ名トークで、ナカちゃんと呼ばれて・・・、ドラマのタイトルのようですね、笑。

いわゆる業界用語での会話は、一般人としては、ちょっとびっくりしちゃいますね。

特にはじめましての時は、相手の人柄がわからないため、警戒されたり、品がないと思われたりしちゃいます、ちょっともったいないですね。

業界用語は、ドラマの中でも使われますが、雰囲気だけで納得している部分が多いので、わたしもあらためて日本語の勉強です。

  • ガイシャ:被害者
  • ガサ入れ:家宅捜索
  • 落ちる:自供した
  • クランケ:患者
  • オペ:手術
  • バイタル:体温、心拍数など生きている証
  • オフレコ:記事にしない約束なら情報を提供
  • ナルハヤ:なるべくはやく
  • マーヒー:暇
  • イソ弁:事務所に雇われている弁護士
  • バリカタ:麺の茹で時間が短く、硬めよりさらに硬い

ナルハヤあたりは、広告業の方と話すときに使ってしまうので、よろしくない、と反省しています。

業界人っぽさは、相手からみたら怪しい人という印象を与えてしまいますからね。
特に第一印象が大切な場合には使わない方がいいですね。

これでは、コミュニケーションどころではなくなってしまいます。

 

わたくし、アメブロ↓も書いています。
仕事中には閲覧制限があるかもしれませんが、もしよろしければ応援してください。

働き力を高めるラーニング

今日の投稿はコチラです↓

業界用語の連発は怪しげを投稿しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。