コーヒーでコミュニケーション

アイスコーヒーを飲もうかな~と思い、帰りにコーヒー豆の焙煎をしているお店に立ち寄りしてきました。

コーヒーはお好きですか?

わたしは、つい最近、コーヒーが飲めるようになりました。
これまでず~っと紅茶派でした(笑)。

大学時代の(もうお亡くなりになった)先生が

 コーヒーはコミュニケーションと教養だ 

よ?と、教えてくださったのですが、あの頃は、どうしてもコーヒー飲むことができませんでした。

海外の研究機関では、コーヒーを飲みながら、哲学や思想、研究の考え方、結果と考察などなど他の研究者と語りあうことがあるそうです。

おいしいコーヒー豆のお店に出会って、自分でもようやくコーヒーの知識がついてきたので、コーヒーを飲めるようになりました。

これまでは、コーヒーのことを誤解しているところがありました。

例えば、コーヒーを飲むと胃が悪くなる、という話がありますが、そもそも食事の内容や量との関係があるから、胃酸の出方が異なるからであって、決してコーヒーが悪者というわけでもないそうです。

それから、コーヒーのカフェインで眠れなくなる、という話がありますが、そちらも、紅茶のほうがカフェインの量は多いそうです。

 

コーヒーには、ストレスを軽減させる作用があるそうです。

そもそも対人関係や、思想を語るときには、人間はストレスを感じながらコミュニケーションをとっているわけです。

つまり、コーヒーによってストレスを軽減させながら、コミュニケーションをすることは、理にかなってる!ということになりそうです。

シフトNのホームページをリニューアルしました。

今後ともシフトNをよろしくお願いいたします。

わたくしアメブロも書いています。
仕事中には閲覧制限があるかもしれませんが、もしよろしければ応援してください。

働き力を高めるラーニング

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。